命懸けのフィリピン渡航

先日、バングラデシュの首都で襲撃という、海外に頻繁に行く私にとって他人事とは言えない事件が起きた。

海外への渡航は自己責任というが、このようなテロは何時何処で起こるか分からないものであり注意していても避けることができない。日本から出ないという選択肢もあるが、妻であるピーナちゃんをフィリピンに残しているので、そういうわけにもいかない。

今回の話は海外に渡航するにあたり、少しでも被害者となることのないよう情報を共有したいと思う。
海外に発つ時、必ずチェックすべきものが、外務省が公表している国別の渡航情報があり、外務省の海外安全ホームページより確認できる。

外務省や在外公館が収集した現地治安情勢から、渡航や滞在に際して安全上の問題ある国・地域を対象に、危険の度合い(邦人の生命に危害が及ぶ可能性)によって4つのカテゴリーが示されるとともに、概況、詳細な地域情勢、滞在にあたっての具体的な注意、問い合わせ先などが発表される。
引用:Wikipedia

私はフィリピン以外の国にもよく行くのだが、今まで外務省の渡航情報は見たことがなく、今回初めてそのサイトを開いてみた。(海外安全ホームページよりexternal-link-aqua02-Shapes4FREE

 

   「レベル1:十分注意してください。」

  • 治安は全体的に安定しているものの、金品を狙ったスリや恐喝・強奪などの各種犯罪が多発したり、局地的なデモ行進に渡航者が巻き込まれる等で負傷や拘束される可能性がある場合、あるいは当該国と日本間で国交が締結されていない為に在外公館の扶助が困難である場合など、渡航・滞在に当たり特別な注意が必要な場合に発せられる。

   「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」

  •     レベル1と3の中間の社会・治安情勢であることから、渡航の是非を検討し、渡航する場合は十分な安全措置を講ずることを勧める場合および、不要不急の渡航を控えるように勧める場合に発される。

   「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」

  •     治安や政情が安定しておらず、テロリストや海賊・山賊などの武装勢力に外国人が狙われたり、クーデターや内戦などの内乱に市民以外の外国人が巻き込まれる等で、渡航者の生命に危害が及ぶ可能性が過去の事例などから高い場合に、渡航の延期を促し、現地滞在の邦人は当該国地域から退避の検討や準備を促す場合に発せられる。

   「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」

  • 当該国・地域を統治する政府機能が著しく欠損している(失敗国家)等で、治安当局が機能していない事から、武装勢力に外国人が狙われたり、内乱・武力衝突に巻き込まれる等で、邦人渡航者の生命に危害が及ぶ可能性が事例などから高い場合(殺戮が発生しているなど)に、現地滞在の邦人は安全な地域へ避難するか日本へ帰国することを勧告する場合に発せられる。

 

(香港)
commongetmap

(韓国)
commongetmap (2)

(タイ)
2016T055_1_Detail

(アフリカ大陸)
RiskMap_2

注意喚起が出ていない国もあるが、結構海外って危ないね、っていうレベルではない。
対策を講じて渡航しないと自殺行為である。

さてフィリピンを見てみよう。

(フィリピン)
2016T099_1_Detail

なっ、なんとレベル3の渡航中止勧告が出てるじゃないですか。

あくまでもミンダナオ島あたりの話しだが、マニラでもレベル1で、「渡航にあたって危険を避けていただくため特別な注意が必要」とのこと。
まさに命懸けのフィリピン渡航である。

やはり現地の治安状況を把握したうえで渡航する必要がある。

フィリピンの犯罪発生状況external-link-aqua02-Shapes4FREE

ちなみに殺人事件の発生率は日本と比較した場合13倍、強盗事件は14倍となっている。
デンジャーフィリピン。
その上に、フィリピンにおける犯罪は,その種類にかかわらず,凶器が使用される場合が多いという特徴があるらしい。それも銃器。

これではもう太刀打ちできません。

ちなみに私もスリの被害に遭ったことがあるし、ATMでお金を引き出す際に現地のストリートチルドレンにせがまれている隙に、ポケットから財布を抜かれそうになったことがある。
ましてや地元住人のピーナちゃんも、ひったくりの経験者。

「フィリピン危ないだから (ノωヽ。)゚ 」

頻繁にフィリピンを訪れていると感覚が麻痺してしまうが実情は細心の注意が必要で、ちょっとした心構えで犯罪から身を守ることができる。

また、フィリピンに限ったことではなく海外は日本と比べたら、断然治安が悪いです。

楽しく、そして思い出ある海外旅行にするためにも、ちょっとした心構えが必要だということを頭に入れて海外へ行っていただきたい。

ちなみに私もフィリピンへ行く際には注意していることがある。
ピーナちゃんのお姉さんである。
なるべく、お姉さんの働いているMOAには近づかないよう心がけている。
私にとってはレベル4の退避勧告。お土産だけで勘弁してほしい。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ (クリックして頂けますと励みになります)
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です